• 萩生田文科相「夏の甲子園は無理」

萩生田文科相「夏の甲子園は無理」


2019年11月27日
衆議院文部科学委員会
萩生田光一文部科学大臣

高校野球の投手の連投や投げ過ぎが問題視されていることについての答弁。

・健康管理が一番大切な視点。
・高野連がプロ野球の養成所になってはならない。
・IOCのアスリートファーストの観点で言えば、甲子園での夏の大会は無理だと思う。
・球数制限は選手の健康管理を考える視点が入った点は評価できる。
・他方、仲間と流した3年間の汗を考えたら、腕がちぎれても最後まで頑張りたいと思う選手もいると思う。
・特定の大会がクローズアップされ、ステータスを持ってしまったが、本当は秋の国体が、最後の頂点を極める大会ではないか。

※IOC:国際オリンピック委員会

日本高野連・小倉好正事務局長補佐
萩生田氏の発言に対するの見解
「発言を聞いたばかりなので、今は何も話せない」


11月28日
菅義偉官房長官
「夏の甲子園は国民に定着している。大会の具体的な在り方は、日本高野連が考えること」

萩生田氏事務所
「甲子園自体を否定する意図はない」

  •  友だち追加

萩生田文科相「夏の甲子園は無理」
コメント:6件 

  1. 元高校野球さん

    部員だった当時を振返らせてもらうけど、悪いけど老人に暑さの心配はしていらない。あの暑い中で最後の試合が楽しみだった。大汗かいて練習重ねて暑い時に試合するのがやりがいだった。大臣さんはクーラー室でテレビ見といてくれればいい。やってる側は暑さより夏に野球ができる喜びの方が大きいから。

  2. 匿名さん

    最近の高校野球はエラーが多すぎる。

  3. 野球ファンさん

    萩生田大臣の言ってることは、よく分かりますが、夏の甲子園大会は無理です発言はちょっと言いすぎだなと思います。

  4. 小林伸男さん

    賛否両論あるとは思いますが、今と昔を比べたら 昔の高校野球の方が面白かったし、ワクワクして観てた気がします。最近ではタイブレークや投手の球数制限等選手の事を思ってやられてるのはわかるんですが、果たしてそれが真の高校野球の姿でしょうか?星稜対箕島 横浜対PL学園死闘を繰り広げてエース同士が意地のぶつかり合い。これをファンは観たいのではないでしょうか?3年間の汗と努力の結晶が球数制限やタイブレーク等で勝敗を決めて本当に彼らの為になるのでしょうか?私は疑問に思います。

  5. 野球小僧さん

    同感です。前任の文部科学大臣は理解して発言してましたが…

  6. 高校野球ファンさん

    秋の国体が最高峰だと本気で思っているの?
    予備日が無く、雨天中止が続くと打ち切りになる大会ですよ!

保険見直しラボ

萩生田文科相「夏の甲子園は無理」
コメントを残す



注意事項
投稿後、すぐに表示されない場合があります。
議論は冷静に丁寧な言葉で、相手の意見も尊重を!
名前を変えての連続投稿、自作自演はご遠慮願います。
投稿に関する責任は、投稿者が負うものとします。

関連情報

センバツ春季大会夏の甲子園
秋季国体秋季大会明治神宮
北海道東北関東
東海北信越近畿
中国四国九州
サブコンテンツ

このページの先頭へ