• 【タイブレーク制度】 決勝戦でも導入決定

【タイブレーク制度】 決勝戦でも導入決定


2021年2月19日(金)
日本高野連 理事会

決勝戦でのタイブレーク制度の導入を決定。

今春のセンバツ、各都道府県大会、夏の甲子園でも採用される。

今回の制度改正は、投手の健康管理の観点から議論が進められ、各都道府県連盟と意見交換した上で決定された。

 

これまでは、決勝戦のみタイブレークは実施せず、延長15回終了時に同点の場合は、引き分け再試合となっていた。

タイブレーク制度とは
試合の早期決着を図る特別ルール。得点を入りやすくするために、延長12回終了時に同点の場合、13回から無死一二塁の状態で開始する。高校野球では、2018年のセンバツから決勝戦以外の試合で導入されていた。

  •  友だち追加

【タイブレーク制度】 決勝戦でも導入決定
コメント:2件 

  1. 高校野球大好きさんさん

    様々なご意見があると思うのですが、やはりプレーするのは高校球児❗️全国の高校球児に本当にどうしたいかを高野連の人達に、ライン投票できるようにして、今の時期だからこそ聞いてみるべきかなと思いました(^^)

  2. ハンカチ世代さん

    複雑な心境です。「早実vs駒大苫小牧」のような再試合の熱戦が観られなくなるということ。

    しかし、タイブレークは決着するまでエンドレスで行われるはずなので、とんでもない伝説が生まれる可能性もありますね。

【タイブレーク制度】 決勝戦でも導入決定
コメントを残す



注意事項
投稿後、すぐに表示されない場合があります。
議論は冷静に丁寧な言葉で、相手の意見も尊重を!
名前を変えての連続投稿、自作自演はご遠慮願います。
投稿に関する責任は、投稿者が負うものとします。

関連情報

センバツ春季大会夏の甲子園
秋季国体秋季大会明治神宮
北海道東北関東
東海北信越近畿
中国四国九州
サブコンテンツ

このページの先頭へ