• 2019年春 選抜1回戦 星稜 3-0 履正社

2019年春 選抜1回戦 星稜 3-0 履正社


第91回センバツ高校野球大会
第1日 第3試合
1回戦 履正社(大阪)vs星稜(石川)
平成31年(土)甲子園球場

星 稜 100 000 101 =3
H9 E2
履正社 000 000 000 =0
H3 E2

[星] 奥川-山瀬
[履] 清水(8)、植木-野口
[本]
[三] 有松(星)
[二]

右腕・奥川恭伸(3年)、3安打17奪三振完封!(MAX 151km/h)

[両校スタメン]

[星] 1回表 二死一二塁 山瀬の遊強襲左前適時打で先制!
[星] 7回表 二死三塁 知田の左前適時打。
[星] 9回表 一死一塁 有松の左中間適時三塁打。

センバツ高校野球2019 組み合わせ

  •  友だち追加

2019年春 選抜1回戦 星稜 3-0 履正社
コメント:9件 

  1. 慶次郎さん

    星稜、次戦は
    ・奥川温存するのか
    ・セーフティーリードで2番手に系統か
    ・ヤバくなったら奥川リリーフか
    それを想像してるだけでもワクワクしてます。
    母校ではありませんが、石川県勢悲願の初優勝を平成最後のこの大会で!

  2. 大阪の高校野球ファンさん

    履正社お疲れ様でした。マシンで練習していたとはいえあのスライダーは打てないですねー。本当に頑張ってくれたと思っています!夏にまた、打倒奥川を目指して頑張って欲しいです。星稜には、履正社を倒したので、是非とも石川勢初の全国制覇を達成して欲しいです。頑張ってください!

  3. ビナウォークさん

    履正社を3安打完封ですか!
    奥川投手はすごい!本当にすごいです!
    履正社も敗れましたがいいチームだと思います!
    レベルの高い試合でした!
    ただ奥川投手、今後の戦いで連投になることが
    あるかもしれません!そこでスタミナがどうなのか?
    そこに注目したいと思います!

    履正社高校の皆さん、お疲れ様でした!
    夏は大阪大会は激戦だと思いますが
    頑張って下さい!

  4. のどぐろさん

    石川星陵頑張れ、

  5. ビナウォークさん

    星稜の奥川投手、エグすぎます(笑)
    でも、履正社の清水投手も好投手で
    星稜もまだ決めきれてないので
    奥川投手エグいけど
    まだまだ履正社もチャンスはあるかと思います!

  6. スタメンさん

    先攻:星稜高校
    1(中)東海林航介(3年・右左)
    2(左)有松和輝(3年・右右)
    3(三)知田爽汰(2年・右左)
    4(遊)内山壮真(2年・右右)
    5(捕)山瀬慎之助(3年・右右)
    6(投)奥川恭伸(3年・右右)
    7(一)福本陽生(3年・右右)
    8(右)岡田大響(3年・左左)
    9(二)山本伊織(3年・右両)

    後攻:履正社高校
    1(中)桃谷惟吹(3年・右右)
    2(二)池田凛(2年・右左)
    3(三)小深田大地(2年・右左)
    4(右)井上広大(3年・右右)
    5(一)内倉一冴(3年・右左)
    6(左)西川黎(3年・右右)
    7(捕)野口海音(3年・右右)
    8(遊)野上聖喜(3年・右右)
    9(投)清水大成(3年・左左)

  7. イイチャンさん

    星稜危ないかも優勝出来ない県は必ずこう言う時勝てない

  8. 岡山出身の山ちゃんさん

    今回の甲子園観戦はどうしようかと思ってましたが、初日からこのカードなので行くことにしました(^。^)
    神宮大会の決勝戦で奥川投手を観たけど、エゲツなかった!
    短いイニングだと、高校生では打てないなと…
    履正社は、2年前も初日に日大三高と試合しましたが、そういう運命にあるのかな?
    奥川投手に対して、どう対処するのか興味深いです。
    今大会を占う意味でも注目のカードなので、非常に楽しみです。

  9. ビナウォークさん

    個人的に、1回戦屈指の好カードだと思います!
    ワクワクする試合期待しています!
    関係者の皆さんには申し訳ないですが
    超楽しみです!(笑)

2019年春 選抜1回戦 星稜 3-0 履正社
コメントを残す



※投稿内容がすぐに反映されない場合があります
※名前を変えての複数投稿はご遠慮願います
※投稿内容の責任は投稿者が負うものとします
※乱暴な言葉遣い、他者への敬意が感じられない投稿は削除する場合があります

関連情報

センバツ春季大会夏の甲子園
秋季国体秋季大会明治神宮
北海道東北関東
東海北信越近畿
中国四国九州
サブコンテンツ

このページの先頭へ