• タイブレーク導入が決定!(2018年センバツより)

タイブレーク導入が決定!(2018年センバツより)


 日本高野連は、2018年春に開催される第90回記念センバツ高校野球大会より、タイブレーク制度を導入することを発表した。(2017.9.19)

 延長12回までは通常の試合を行い、決着が着かない場合は延長13回からタイブレーク制とする。走者・アウトカウントなどの詳細は未定。

 タイブレーク導入により、延長15回引き分け再試合の規定は無くなり、決着がつくまで試合を行う。

 来夏の甲子園(第100回記念全国選手権大会)でも導入される見通し。

タイブレークとは、試合をスムーズに決着できるようにする仕組みのこと。得点を入りやすくするために、無死一二塁などの状態から開始する特別ルール。

  •  友だち追加

タイブレーク導入が決定!(2018年センバツより)
コメント:16件

  1. 匿名 より:

    延長戦の力尽きた戦いよりもずっと良い!タイブレークの制度考えた人は頭いいよね。反対する人はどういう理由なんだろう!

  2. 海斗 より:

    延長戦で白熱する熱戦も好きだったので、チョット残念な気がします。ただ体調面のことを考慮すると、仕方ないのかもしれません。

  3. 高校野球応援 より:

    タイブレークは、賛成ですねえ。 再試合などで日程変更がなくなりますからね、当日に決着を願います!

  4. 公立高校ガンバレ! より:

    大会期間の過密な日程、健康管理、次戦のための投手起用など考慮すると賛成です。 導入は、むしろ遅いくらいです。

    私的には、タイブレーク制よりも、
    地区予選からの複数投手制や球数制限の導入が急務だと
    思います。

  5. のらくろ より:

    いいじゃないか。プロじゃないんだし、高校生に酷なこというなよ。
    そのプロだって12回引き分けなんてあるし、サッカーはPK、ラグビーなんかくじ引きだし、野球だけだぞ炎天下で決着つくまでやれとか。文句言っている奴は家でクーラーきかせてビール飲んでいるくせになw
    タイブレークするなら個人的には延長10回からでノーアウトと1塁からがいいけど。13回からにしてしまうとノーアウト1,2塁にせざるを得ないな・・

  6. WAON より:

    やはり反対ですね。
    野球はいかに一死二塁、無死一、二塁を作るかを考え練習してきている。

    何百試合に一度の延長12回の為に本当に必要なのだろうか。。

  7. ビナウォーク より:

    個人的には、反対の方ですが、
    選手の安全や健康面等を考えると
    仕方ない事なのかもしれませんが、
    高校野球の主役は選手だと思ってますので
    現場の関係者や選手の意見を聞いてでの
    導入なら納得はしますが
    高野連の一方的な考えなら、納得できないですね!

  8. 高校球児の親 より:

    試合を始める前に両校の代表者・審判・高野連が集合して決める。
    タイブレイークを使用しない時は再試合。

  9. すきすき より:

    賛成です。
    1人のピッチャーが連日長い試合を投げるのは、その選手の将来を考えると不安です。実際に地区大会などで導入してみて、課題を見つけて解決すれば良いと思います。

  10. すとむ より:

    選手を守ると言う意味では賛成ですが、子供達の感動、記憶が薄れる恐れが残念。

  11. 野球人 より:

    野球を愛している者ですが、賛成です。よりエキサイティングな試合が見れそうで楽しみ。

  12. 元々球児 より:

    とりあえず、賛成です。
    まずはやってみて、問題点が出てきたら再検討すればいいと思います。

  13. ミルキー より:

    タイブレークですか…
    本当に野球を愛してる方は
    反対だと思います
    決まった事なんで受け入れるしかありませんが
    残念です
    タイブレークは野球では
    ありません

  14. 匿名 より:

    そんなん野球じゃない

  15. リンゴ より:

    タイブレーク?
    わかりやすくどなたか教えて下さい
    よろしくお願いします。

  16. アンケート より:

タイブレーク導入が決定!(2018年センバツより)
コメントを残す



※投稿内容がすぐに反映されない場合があります
※名前を変えての複数投稿はご遠慮願います
※投稿内容の責任は投稿者が負うものとします

関連情報

センバツ春季大会夏の甲子園
秋季国体秋季大会明治神宮
北海道東北関東
東海北信越近畿
中国四国九州
サブコンテンツ

このページの先頭へ